実は基礎を極めるのが、一番むずかしい

現代医療では新しい知識や技術は古いやり方よりも優れているように見なされていますが、私たちはむしろ、昔ながらの古い知識を完全にマスターすることが患者さんを救うための一番の近道だと考えています。新しい治療技術のほとんどは古い知識=基礎の積み重ねから生まれるのですから、すべての技術の本質は基礎にあると信じています。私たちは、これからもたゆまず基礎を磨いてゆきたいと考えています。

佐々木 巌

大阪肛門科診療所 院長。 平成7年大阪医科大学卒業。大学5年生の在学中に先代の院長であった父が急逝(当時の名称は大阪肛門病院)。大学卒業後は肛門科に特化した研修を受けるため、当時の標準コースであった医局には入局せず、社会保険中央総合病院(現 東京山手メディカルセンター)大腸肛門病センターに勤務。隅越幸男先生、岩垂純一先生、佐原力三郎先生の下で3年間勤務、研修。平成10年、院長不在の大阪肛門病院を任されていた亡父親友の田井陽先生が体調不良となったため社会保険中央総合病院を退職し、大阪肛門病院を継承。平成14年より増田芳夫先生に師事。平成19年組織変更により大阪肛門科診療所と改称し、現在に至る。

<専門医資格・指定医資格>

日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病指導医(ⅡB領域=肛門科領域)

【便秘と痔の話】いわお先生のブログ記事一覧

女性の肛門科専門医・指導医 佐々木 みのり

元皮膚科医という異色の経歴を持つ肛門科専門医。現在でも肛門科専門医の資格を持つ女性医師は20名余り。その中で指導医の資格まで持ち、第一線で手術まで担当する女医は10名足らず。元皮膚科医という異色の経歴を持つため、肛門周囲の皮膚疾患の治療も得意とし、肛門外科の医師を対象に肛門周囲の皮膚病変についての学会での講演も多数あり。
「痔=手術」という肛門医療業界において、痔の原因となった「肛門の便秘」を直すことによって「切らない痔治療」を実現。自由診療にもかかわらず日本全国や海外からも患者が訪れている。大阪肛門科診療所(旧大阪肛門病院)は明治45年創立の日本で2番目に古い肛門科専門施設でもあり日本大腸肛門病学会認定施設。初代院長の佐々木惟朝は同学会の設立者の一人である。
2017年10月には日本臨床内科医学会において教育講演を行うなど新しい便秘の概念を提唱。

•1994年 大阪医科大学卒業。大阪大学医学部皮膚科学教室入局。以後、阪大医学部付属病院、大手前病院、東京女子医大などで皮膚科医として4年間勤務
•1998年 皮膚科医から肛門科医に転身
•1998年7月 女医による肛門科女性外来を開設(日本初)
•2007年 日本大腸肛門病学会認定 日本大腸肛門病専門医(Ⅱb)取得(関西の女医で初、全国で6人目)
•2011年 日本大腸肛門病学会認定 日本大腸肛門病指導医(Ⅱb)取得(関西の女医で初)

メディア
読売新聞、神戸新聞を始め「25ans(ヴァンサンカン)」「Hanako」「COSMOPOLITAN」「SAVVY」「Domani」などの女性誌、「寿」「安心」などの医療雑誌に取り上げられる。また「おはよう朝日です」「ワイドABCで〜す!」「おはようパーソナリティ道上洋三です!」などのメディア出演多数あり。「これカラダ」や「ウートピ」にも監修記事多数あり。

<専門医資格・指定医資格>

日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病専門医(関西の女医で初)
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病指導医(ⅡB領域=肛門科領域)(関西の女医で初)

【便秘と痔の話】みのり先生のブログ記事一覧

セラピードッグ ラブ

大阪肛門科診療所のマスコット兼セラピードッグ。本来はセラピードッグとして躾けられたわけではなく、ただの飼い犬。ある日ふとした気まぐれからセラピードッグとしての才能を見いだされ、認定を受ける。その後は日々患者さんを癒やす。「他の犬は怖いけれど、ラブちゃんだけは大丈夫。」「初めて犬に触りました。」など賞賛の声多数。まさに生まれながらの癒やし犬。

<経歴>

2012年7月生まれ 男の子
日本アニマルセラピー協会認定 セラピードッグ

  • 痔の治療

    治療の第一歩は正しい排泄から。痔の原因となった排泄を直すことから始めます。

    続きを読む

  • 痔を予防するには?

    痔は排便習慣の結果です。毎日スッキリ完全に排便することが痔を予防するために一番大切だと考えています。

    続きを読む

  • 痔と女性の関係

    当院は1998年7月に日本で初めて女医による女性専用の診察時間である「女性のための診察時間」を設置。以来何万人もの女性の痔の悩みに答えてきました。

    続きを読む

  • 大阪肛門科診療所について

    「できるだけ手術をしなくて良いように一生懸命手を尽くす。しかし、いざ手術になったら本当に良い手術を提供できる。」これが理想の肛門診療だと考えています。

    続きを読む