手術は最後の手段。
手術を避け、
治療する技術を大切にしています。

肛門のこんな症状、気になっていませんか?

このサイトは、本当に役立つ情報を易しい言葉でお伝えするために作りました。
カラダの他の部分と違い、おしりの不調は人に尋ねにくいものです。そんな方のためにできるだけ分かりやすい解説を心がけています。ぜひ当サイトで、おしりにはどんな病気があるのかを知ってください。
そして一番大切なのは「じゃあご自身はどの病気なのか?」それを確かめることです。ぜひ勇気を持って肛門科専門医を受診してほしいと思います。
痔を治したい、痔について詳しく知りたい、とお思いの方に、出来るだけ分かりやすく痔についてご説明させて頂きます。

痔について詳しく

こんな症状はないですか?

  • おしりの痛み(排便で/排便に関係なく)
  • 肛門のでっぱり
  • おしりからの出血
  • おしりのかゆみ
  • 排便後何度も拭く、洗わないとキレイにならない

おしりに気になる症状がある方は、肛門科専門医に受診をお勧めします。

痔は生命に関わりのない病気ですが、ガンと症状がよく似ています。痔なのかガンなのか診察しないと分かりませんが、もしもガンだったら急いで治療を始めないといけません。診断だけは早い方が得策です。

おしりの不調のご相談は経験豊富な肛門専門医をお勧めします。

痔の種類と治療

痔の症状は大きく3つに分類されます。種類ごとに症状や治療法など詳しく説明します。

  • イボ痔

    肛門が膨らんでこぶ状になる病気。
    通常の痔核ではでっぱりと出血が主な症状で痛みは軽度ですが、痔核の一種である血栓性外痔核は突然痛みと腫れで発症します。

    続きを読む

  • 切れ痔

    裂肛は肛門に出来たキズ。
    排便時の痛みと少量の出血が典型的な症状で、原因は硬便が多数を占めます。初期に適切に治療すれば治りますが、慢性化すると手術が必要になるケースもあります。

    続きを読む

  • 痔ろう

    肛門が化膿する病気。
    痔ろうは激痛と発熱で発症し、初期に膿を出すために切開処置が必要なケースが多いです。長期間放置すると痔ろうガンが発生するケースがありますので、注意が必要です。

    続きを読む

大阪肛門科診療所の特徴 手術を避ける技術を大切にする肛門科

当院は患者さんの希望を優先したいという考えから、可能な限り手術を避ける診療を行っています。

そこで重視しているのが「手術に偏らない診療態度」「排便の管理」です。

手術は後戻りの効かない治療です。当院では、本当に手術以外に治療手段がないのかを真剣に考え、安易に手術を選択しないことにしています。また「排便を適切に管理すれば、痔の手術はもっと避けることができる」と考えて診療に当たっています。

排便と痔について

新大阪駅より約25分、関西国際空港より約1時間10分、伊丹空港より約50分! 全国から診察を受けに来られています

当院の患者さんは全国におられます。直近の初診患者さん5000人のお住まいを調べると多い順に、近畿地方4313人(うち大阪府3174人)、関東地方241人、中部東海183人、中四国と九州183人、北陸と東北54人、北海道14人、沖縄3人、海外9人となっています。遠方の方は新幹線をご利用の患者さんが多いです。飛行機で受診される方もおられます。(令和元年5月1日しらべ)

当院へのアクセス

  • 痔の治療

    治療の第一歩は正しい排泄から。痔の原因となった排泄を直すことから始めます。

    続きを読む

  • 痔を予防するには?

    痔は排便習慣の結果です。毎日スッキリ完全に排便することが痔を予防するために一番大切だと考えています。

    続きを読む

  • 痔と女性の関係

    当院は1998年7月に日本で初めて女医による女性専用の診察時間である「女性のための診察時間」を設置。以来何万人もの女性の痔の悩みに答えてきました。

    続きを読む

  • 大阪肛門科診療所について

    「できるだけ手術をしなくて良いように一生懸命手を尽くす。しかし、いざ手術になったら本当に良い手術を提供できる。」これが理想の肛門診療だと考えています。

    続きを読む