アクセス お問い合せ 診療時間

みのり先生の診療室 佐々木いわお院長ブログ「過ぎたるは及ばざるにしかずだよ、佐々木君」

NEWS & Topics(お知らせ)

Message(診療所からのメッセージ)

Message(診療所からのメッセージ)オシリの治療って痛いに違いない…きっとこわいことされるんだ…そう思っているあなたに知ってほしいこんなに痛みが少なく楽に治せることをこんなに明るくて通うのが楽しい肛門科があることをそして 治療によって人生までもが変わることを私たちの理念はオシリの治療を通してその人を幸せにすること大げさですが本当の気持ちです…(リンク先で全文を読んでいただけます)

佐々木みのり(大阪肛門科診療所 女医・副院長)

1998年、当時、私は皮膚科医をしていました。
前任の院長が急病で倒れ、人手不足に陥った
大阪肛門病院を手伝うために一時的に診療に
付いたのが肛門科医になるきっかけでした。
病院が落ち着いたら皮膚科に戻るつもりでいました。
当時、肛門科を専門とする女医は全国でも5名程度。
関西では女性の肛門科専門医が一人もおらず、
患者さんからの「やめないで!」という熱い声、
そして、「ここで大輪の花を咲かせてください!」
というスタッフからの説得により、皮膚科医をやめて
この世界で生きていこうと決めました。
皮膚科は何も私がやらなくても、たくさん女医さんが
いるし、私がやめても困る患者さんもいない。
だけど肛門科は「キタナイ・キツイ・カッコワルイ」
の3Kの仕事。女医さんがやりたがらない分野。
必要とされるなら、こんな私でも何か少しでも
お役に立てるなら、誰もやりたがらない仕事を
進んでやってみよう‥‥そう思い、今までの
皮膚科医の職をきっぱりと捨てました。

佐々木いわお(大阪肛門科診療所 院長)

大阪肛門科診療所の院長
佐々木いわおです。
大阪肛門科診療所(旧 大阪肛門病院)は
明治45年創立、肛門科一筋で百年以上
痔の治療に取り組んできた施設です。
患者さんたちには「大肛(だいこう)」
と呼ばれています。
大肛では痔の手術の痛みを少なくするために
総合的な視野から医療の改善に努めてきました。
以下が、私たちの方針です。

痔の手術の痛みを少なくする大肛の取り組み

  1. 1:麻酔の使い方に徹底的にこだわる
  2. 2:教科書を見るより患者さんの顔を見ながらの手術
  3. 3:効率は無視して患者さんの話にとことん耳と気持ちを傾ける
  4. 4:患者さんが納得するまでわかりやすく説明する
  5. 5:世界トップレベルの師匠から学びさらに改良を重ねている
  6. 6:「痛くなりませんように」と心の底から拝む
     (これも師匠から見習った)
全文を読む 全文を読む

Message(診療所からのメッセージ)オシリの治療って痛いに違いない…きっとこわいことされるんだ…そう思っているあなたに知ってほしいこんなに痛みが少なく楽に治せることをこんなに明るくて通うのが楽しい肛門科があることを
そして治療によって人生までもが変わることを私たちの理念はオシリの治療を通してその人を幸せにすること大げさですが本当の気持ちです…

全文を読む

佐々木みのり(大阪肛門科診療所 女医・副院長)のメッセージを読む

佐々木いわお(大阪肛門科診療所 院長)のメッセージを読む

Pick up Points

患者さんが喜ばれる10個の理由

肛門科一筋百年、世界トップクラスの師匠から学び、さらに15年以上、改善に取り組んできた当院は、保険診療にはない「何か」を提供しています。その「何か」をお伝えします。

Point1.肛門科のみの専門施設である
Point2.痛みが少ないよう配慮した診察と治療
Point3.一人の患者さんにじっくり向き合える十分な診察時間
Point4.質問しやすい、相談しやすい診療の雰囲気
Point5.恥ずかしさに配慮した番号札呼び出しと完全個室診察室
Point6.女性専門医による「女性のための診察時間」がある
Point7.必要のない手術、患者さんが望まない手術は行わない
Point8.一人一人に合った排泄管理を指導する
Point9.治療のゴールは「患者さんの笑顔」
Point10.セラピードッグによる癒やしがある

詳しく見る

患者さんが喜ばれる10個の理由

肛門科一筋百年、世界トップクラスの師匠から学び、さらに15年以上、改善に取り組んできた当院は、保険診療にはない「何か」を提供しています。その「何か」をお伝えします。

  • 肛門科のみの専門施設である
  • 痛みが少ないよう配慮した診察と治療
  • 一人の患者さんにじっくり向き合える十分な診察時間
  • 質問しやすい、相談しやすい診療の雰囲気
  • 恥ずかしさに配慮した番号札呼び出しと完全個室診察室
  • 女性専門医による「女性のための診察時間」がある
  • 必要のない手術、患者さんが望まない手術は行わない
  • 一人一人に合った排泄管理を指導する
  • 治療のゴールは「患者さんの笑顔」
  • セラピードッグによる癒やしがある

詳しく見る

Tour of Clinic

大阪肛門科診療所ってどんなところ?

大阪肛門科診療所ってどんなところ?

大阪肛門科診療所の院内ツアーにでかけましょう。受付、待合室、診察室、入院施設、食堂、他目的スペースなど、大肛(だいこう→大阪肛門科診療所の愛称)のすべてをご覧いただきます。

詳しく見る

こちらが受付です。 待合室は、男性用と女性用で間仕切りをしています。 こちらは、みのり先生の診察室です。 いよいよ入院施設のご案内。こちらは、相部屋の病室。 こちらは個室です。 各セクションには、このようなサインがあります。 音姫も備えています。 食堂です。入院期間中に開催する院内コンサートの時のスナップです。 夕食の一例です。おいしい仕出し屋さんです。

Voice

患者さんの声

当院は、保険診療にはない「何か」を提供しています。その「何か」を患者さんの側から書き記していただいたものをご紹介します。

「ああ、なんという心配りか」私はそのさりげない気配りにただただ感心し、教えられた気がしました。術後のすがすがしい朝のひとときでした。

「N. Nさん(35才男性)による痔の闘病ドキュメント」詳細を読む

「この世の終わり」気分でやってきました。他の病院で痔瘻の手術が必要と言われたので。みのり先生の診察の結果、「手術必要なし!どこも切るとこないよ!」キツネにつままれたような気分でした。

「痔瘻・裂肛(50才代女性)外来受診の感想」詳細を読む

同じ会社の方からこの病院を勧められていたのですが、「自費負担」という事で悩みインターネットでいろいろな病院を調べたりしていました。決断できたのは、先生の暖かく気さくなお人柄と、細かく気配りをして下さる看護婦の皆さんに接することが出来たからです。

「男性(36才)による痔の入院手術の手記」詳細を読む

みのり先生もスタッフの方々も本当気持ちの良い方なので、ここで手術できて良かったです。

「脱肛(痔核)の短期入院手術の感想(30代女性)」詳細を読む

本当に思いきって受診し、手術をしてよかったと思っています。これからまた長時間の飛行機に耐え、大好きな旅行が続けられます。

「「脱肛」日帰り手術の感想(60代女性)」詳細を読む

大変素敵なお人柄に加え、診察も十分時間を割いて下さり、こちらの話をじっくり聞いて頂いた上で、詳しく説明して下さったお陰で、すごく信頼感を抱き、その場ですぐ手術を決意しました。

「T. Tさん(女性 34才)による痔の入院手術の感想」詳細を読む

その他の「患者さんの声」はこちらをご覧ください。「いたくないよ、痔の手術」

患者さんの声

当院は、保険診療にはない「何か」を提供しています。その「何か」を患者さんの側から書き記していただいたものをご紹介します。

患者さんの声

guide

費用について

当院は保険のきかない「自由診療」です。患者さんの気持ちにどこまでも応えていきたいという気持ちから、この道を選びました。

当院は自由診療(自費治療)です

当院では「保険」がききません。
患者さんの心と体への優しさを追求した結果、
自由診療の道を選択しました。
その理由をお伝えします。
保険診療は、厚生労働省が
医療行為にかかる報酬を決めています。
肛門科は末端をあつかう分野として
これまで軽視されてきました。
よって、肛門科の診療費や手術費は
低く定められています。
そうすると薄利多売のいわゆる「3分診療」をしないと
専門病院では経営が成り立たなくなってしまいます。
当院は創立以来百年の歴史があり、
「肛門科なら私たちに任せてください」と

胸を張っていえる医療をこれからも
維持していきたいと思っています。
また、患者さん1人ひとりに対して十分な時間をかけて
お話をうかがい、不安や疑問をすべて解消して
いただくための説明に力を入れています。
他の科も併設して保険診療で効率よく
経営していく道もありますが、わたしたちは
肛門科にこだわりつづけていきたいと思っています。
それが創立百年を超える大阪肛門科診療所
(旧大阪肛門病院)の役割だと考えています。
治療の技術を生涯、磨きつづけて
患者さん1人ひとりに、心から満足して
いただける医療をめざして取り組んでいます。
もう少し具体的に、保険診療と自由診療の違いついて
ご説明させていただきます。

詳しく見る

費用について

当院は保険のきかない「自由診療」です。患者さんの気持ちにどこまでも応えていきたいという気持ちから、この道を選びました。

当院は自由診療(自費治療)です

当院では「保険」がききません。
患者さんの心と体への優しさを追求した結果、 自由診療の道を選択しました。
その理由をお伝えします。
保険診療は、厚生労働省が 医療行為にかかる報酬を決めています。
肛門科は末端をあつかう分野として これまで軽視されてきました。
よって、肛門科の診療費や手術費は 低く定められています。
そうすると薄利多売のいわゆる「3分診療」をしないと 専門病院では経営が成り立たなくなってしまいます。

詳しく見る

Column(コラム)

あなたの痔は何? 肛門科の選び方 痔の予防 みのり先生の診療室 佐々木いわお院長ブログ「過ぎたるは及ばざるにしかずだよ、佐々木君」

自力整体は、東洋医学の指圧や日本の整体技術、そして「気を補い、気を巡らす」という鍼灸治療をベースに、矢上裕氏によって考案されたものです。一番の特徴は、人にしてもらう治療ではなく、自分自身で行うことです。自分で自分の体を整えていく「セルフマッサージ」です。ほぐす部分に自分の体重をかけたり、押さえたりして刺激を与えて「イタ気持ちのいい(少し痛いけれど気持ちが良い)」体の状態をつくり、そこで揺さぶりをかけたりしながら、体を少しずつほぐして、緩ませていきます。

OK倶楽部メルマガ登録のご案内 OK倶楽部は、大阪肛門科診療所の患者さん、元患者さんに配信しているメールマガジンです。院内コンサートや自力整体のご案内、また、私たちがシェアしておきたいと感じる大切な情報をお送りしています。患者さん、元患者さんで受診を希望する方は、こちらからお手続きください。

自力整体のご案内

OK倶楽部メルマガ登録のご案内

ページの先頭へ戻る