裂肛は肛門についたキズです。

硬い便が原因になることが多いのですが、軟便や水様便でも起こります。出血はペーパーに付く、便器に1〜2滴ほど垂れる、便に血液がスジになって付くというケースが多いです。初期であれば適切な治療で完治するケースがほとんどですが、対応が遅れると慢性化し肛門狭窄や肛門潰瘍を生じて手術を要するケースも出てきます。

当院では痔疾用薬は補助的な利用にとどめ、排便の管理つまり出残り便秘®(注)の治療を主体にしています。すでに慢性化して普通なら手術と判断されるような状態でも、当院では出残り便秘®の治療で手術を回避したケースを多数経験していますが、残念ながら治らないケースも、あります。治療しても治らない場合や強度の肛門狭窄がある場合は、治療は手術となります。酷い肛門狭窄では肛門の広さが鉛筆以下ということもあります。

なお便通の治療は、初期の裂肛に対する治療、裂肛の再発予防にも効果的です。

詳細は以下のリンクをご覧ください。
> 切れ痔(裂肛)について
> 切れ痔(裂肛)が治らない理由
> 繰り返す切れ痔は出始めの便が硬いせいかも

(注)出残り便秘®は病状説明のため考案した当院の造語であり、医学用語ではありません。他の医療機関では通用しませんのでご注意ください。
> 出残り便秘®・鈍感便秘®について

大阪肛門科診療所