一般的には温水洗浄便座症候群と呼ばれるこの疾患ですが、他の洗浄形式でも起きるため当院では独自に名称を作っています。 洗う、拭く、という肛門をキレイにする行動(=衛生行動)が過剰なせいで、様々な不快感が起こります。ベタベタ感がある、拭いても拭いても何もつかないのに・・とか、ヒリヒリする、かゆい、でっぱりがある、臭いが気になる、なんとも表現しがたい不快感とおっしゃる方もいます。なぜ洗いすぎるとこのような症状が起きるのかについては、皮膚pHや常在菌の変化、皮脂によるバリアー機能の低下などが言われていますが、治療に当たっては洗いすぎの原因を改善することが必須だと考えています。当院では洗いすぎの原因は出残り便秘®だと考え、これを治療しています。  

詳細は以下のリンクをご覧ください。 > 温水便座症候群 〜おしりは洗えば洗うほど皮膚が荒れる〜 > 肛門を清潔にし過ぎて不調を作ることもある

(注)出残り便秘®は病状説明のため考案した当院の造語であり、医学用語ではありません。他の医療機関では通用しませんのでご注意ください。
> 出残り便秘®・鈍感便秘®について

大阪肛門科診療所