痔核は肛門の中にできたでっぱりで、その中身は主に血管です。 表面に傷がつくと出血しますが、知覚神経がないので普通、痛みはありません。 初期には出血のみですが、進行すると肛門の外にはみ出すようになり、さらに進行すると手で戻さないと中に入らなくなります。 痔核は肛門の中にできたでっぱりで、その中身は主に血管です。 内痔核・外痔核・内外痔核などに分類され、いずれも痔核自体には普通は痛みはありません。 表面に傷がついた場合、内痔核は痛みなく出血し、外痔核・内外痔核は出血とともに痛むこともあります。 初期には出血のみですが、進行して大きくなると肛門の外にはみ出すようになり、脱肛とも呼ばれます。

脱肛は進行すると手で戻さないと中に入らなくなります。 痔核は初期には無痛ですが、脱肛するようになるとでっぱりをそのままにしていると痛むケースが多いのです。 さらに進行すると歩行などの軽い運動でも肛門からはみ出してくるようになり、不便が増加します。 治療上、日常生活でのうっ血を減らすのが良いとされますが、当院では直腸の残便をスッキリ出す治療、つまり出残り便秘®(注)の治療を行うことで不快な症状が緩和されたケースを多く経験しています。 また、病状の進行を遅らせる効果もあると考えています。 便通の治療でも症状が改善できない場合には、がまんして付き合うか、手術をするかの選択をすることになります。

注意が必要なのは、大腸や肛門にできた癌との鑑別です。「真っ赤な出血だから痔の出血」と決めつけるのは危険です。大腸の検査をお勧めします(当院では大腸の検査はできません、紹介になります)。

詳細は以下のリンクをご覧ください。
> いぼ痔(痔核・脱肛)について
> いぼ痔とよく似た肛門の病気

(注)出残り便秘®は病状説明のため考案した当院の造語であり、医学用語ではありません。他の医療機関では通用しませんのでご注意ください。
> 出残り便秘®・鈍感便秘®について

大阪肛門科診療所