他院での手術をキャンセルして受診された患者さんの話

今日の患者さんは中部地方から来られた50代女性。

地元の肛門科で手術と言われ予約までしていたのにキャンセルされて受診されました。

今までの経過

毎日排便があるので便秘や痔には無縁だと思っていたのですが、8月中旬に痛みを伴う出血がありました。(初めてのことで血がポタポタと落ちた。)

すぐ治ると思ったのですが、その後、ひんぱんに出血するようになりました。

まず消化器内科を受診。

大腸カメラを受けて異常なしということで一安心。

今度は地元の肛門科を受診した。

裂肛と言われ軟膏と内服薬を出された。

その3週間後の診察で「全然よくなってない。裂肛箇所が増えているし、ポリープも出来ている。慢性化している。手術だね。」と言われました。

今なら軽く済むけれど悪化してからでは手術も予後も大変になると。

薬を飲み、軟膏を使い、最初よりは状態が良くなっていた気がしていたのに、なんで悪化するんだろう?と疑問に思いました。

手術をすればすべて解決するとは何故か思えなかったし、初めて出血したのがほんの2か月前なのにもう慢性化?

簡単に手術を受け入れていいの?

何かまだできることがあるんじゃないの?

と悩んだ末に手術をキャンセルして、痔に関する情報収集を始めました。

いろんな情報に振り回される感もあったのですが、肛門や痔のことを少しも知らなかったので、それなりに勉強になりました。

そんな中でみのり先生のブログに出会えたことは幸運でした。

私は出残り便秘®だったんだ!なるほど。と納得する記事ばかりでした。

ここなら答えが見つかる!

と思ったのですが遠方で、自由診療の診察に行く決心はそう簡単にはつきません。

そこで、こちらを最後の砦にして、とにかく自分の症状に参考になりそうなことをやれるだけやってみようと思いました。

でもなかなか良くならず、毎日血のついたトイレットペーパーを見るたび不安が増します。

自己流で悪化させてしまったらどうしよう!?と。

主人が背中を押してくれたこともあり、ようやく決心して今回、みのり先生にみて頂くことが出来ました。

今のおしりの状態を知りたいのと、どう改善していけるのかご相談させて下さい。

手術はしたくありません。

現在の排便と習慣

下剤を飲まなくても毎日1回排便があります。

でも出始めが硬いです。

1年前から残便感があり、食べるとすぐに便が出たりしていました。

ウォシュレットは「おしり」も「ビデ」も両方使っていましたがブログを読んでからやめています。

入浴時にも泡を付けて肛門を洗い、シャワーを直接当てて洗い流しています。

診察の結果

洗い過ぎで肛門周囲の皮膚が赤くなっています。

前方と後方に切れ痔があります。

まだ治ってなかったんですね😓

肛門は狭くなく、見張りイボと肛門ポリープもできかけ・・・という状態で、明らかに大きなものはありません。

診察すると肛門の中に便があります。

今日は既に排便を済ませてきたのにです💦

便を出す坐剤を入れて出してきてもらいました。

スッキリ出し切れて便はありません。

私の診断は初期の裂肛で肛門狭窄もないので手術不要。

治療は

  1. 便を出す坐剤を入れて残便を出し切る
  2. 肛門の中と外にSザルベを塗る
  3. 温水洗浄便座や入浴時に肛門を洗わない

遠方からの受診でしたが次回の診察を2週間後としました。

治療経過

坐剤で肛門の出口に残っている便がスポン!と出るのには驚きました。

これが固くなって塞いでしまうんですね。

そして切れるのを繰り返す・・・。

それを改善しなければ切れ痔は治らない。

なのに便を残している自覚がないなんて困ったものだと思います。

治らない理屈は簡単なのに、治すにはとても大変なことなんだなと思いました。

2週間後の受診

切れ痔は完全に治っていました。

真っ赤っかだった肛門周囲の皮膚もだいぶキレイになっていましたが、まだ皮膚は正常とは言えません。

洗い過ぎた皮膚が元に戻るには時間がかかります。

でも症状が無いので通院も必要ありません。

今日で終わりです。

切れ痔は治りましたが便秘は治っていません。

だから便通の管理は続きます。

そして1年後に「お尻健診」で来てもらうことにしました。

手術をキャンセルして良かった・・・

この患者さんのように

手術をキャンセルして良かった

手術を受けなくて良かった

と喜んで帰って行かれる患者さんが多いです。

手術と言われてもその場でスグに決めずに、家に帰ってからよく考えたり、ご家族に相談したり、色々と調べたり、別の肛門科を受診して他の先生の意見を聞いたりすることをオススメします。

手術が必要な痔は本当に少ないです。

痔の多くが手術をせずに治ります。

何も大阪肛門科診療所を受診されなくてもいいのです。

もう1軒、あるいは2〜3軒、別の肛門科の先生の意見を聞いてみて下さい。

その時は肛門を専門にしている医師を選んで下さいね。

肛門科の専門医の探し方・選び方〜期待外れにならないために〜

先生によって見解が分かれることもあるでしょう。

言われることが違ったいたら、かえって混乱するかもしれません。

そして「あなたがどうしたいのか」それを明確にして下さい。

それが明確になるまで手術は受けるべきではないと思います。

自分の大切なおしりのことです。

人任せにせず、迷って考えて悩んで、納得いく選択をしてくださいね。

そうすればどんな治療を受けても後悔はないと思います。


診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
遠方からの患者さんは
ラブに会えるのを楽しみに
受診される方が多いです😊
ラブは火曜・金曜に出勤しています🐶

,
1 いいね 7 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加