オシッコがしみる、ヤンキー座りが出来ない切れ痔?!

(2018年10月15日加筆修正)

子供の頃ひどい切れ痔だった大阪肛門科診療所 肛門科女医で専門医・指導医の佐々木みのりです。

今日の患者さんは関東地方の40代女性。

地元の肛門科や病院に通院するも切れ痔がなかなか治らないということで来られました。

今までの経過

1年ほど前に子宮摘出の手術を受けた直後から肛門が切れるようになった。

地元の肛門科や病院を受診して酸化マグネシウムと注入軟膏を処方され使用したが治らず。

酸化マグネシウムを飲むと下痢になるので自己中止。

現在の排便と習慣

便通は毎日あります。

それどころか1日数回出ることもあります。

残便感はありません。

でも出始めが硬いです。

下剤は飲んでいません。

ウォシュレットは使っていません。

でもお尻を拭くとトイレットペーパーに便が何度も付きます。

だから4〜5回拭いています。

診察の結果

診察すると肛門周囲の皮膚が白くなり(色素脱失)、さらにその周辺の皮膚は色素沈着して黒っぽくなっていました。

お尻の割れ目(殿裂)に亀裂があり痛そうでした。

皮膚が炎症を起こし薄く(菲薄化)硬く、つっぱるようになっています(皮膚伸縮性の低下)。

よく見ると肛門周囲に少量の便も付着しています。

指を肛門の中に入れると(指診)便があります💩

予想通りです。

肛門周囲に便が付着しているのは中に便がある証拠!

だいたい穴の回りをよく観察すると予想が付きます✌

今日は既に2回も排便があったのに肛門の中は便まみれ💦

しかも残った便はコロコロしています。

古そうな便です。

切れ痔(裂肛)も数カ所あり、それぞれの場所に見張りイボと肛門ポリープが出来ていました。

大きさは小さいので、切れてからさほど年数は経ってなさそうです。

傷も浅く軽度の切れ痔です。

便を出す坐剤を入れて残便を出してきてもらい再度診察。

便はキレイに出し切れて肛門と直腸が空っぽになっていました😊

毎日出ていても便秘であること(出残り便秘®

出始めの硬い便は昨日の出残り便であること、

その出始めの便で肛門が切れて切れ痔(裂肛)になっていること、

残った便が傷を汚染したから見張りイボ肛門ポリープが出来たこと、

根本的に直すには、この排泄を正さなければならないこと、

何度も紙に便が付くのは便が残っている証拠であること、

だからちゃんと出せば何回も拭かずにすむようになること、

を説明し、治療を提案しました。

治療は3つ。

  1. 坐剤を入れて残った便を出し切ること
  2. 肛門周囲と中にSザルベを塗ること
  3. 皮膚がつっぱるので肛門マッサージをすること

遠方からの受診でしたが2週間後に来て頂くことにしました。

治療経過

初診で受診した翌日の排便でピリッと肛門が切れた時、とても不安になった。

この切れた肛門に坐剤を入れて、そのあとSザルベを塗って、、、って私にそんなこと出来るのかしら!?と。

坐剤を入れるのは初めてのことだったので、自分のやりやすい姿勢が見つかるまで苦戦したが2日目からはすんなりと出来た。

坐剤を入れると必ず便が出ます。

やはり残便があったんですね・・・。

でも日が経つにつれ残便の量が減ってきています。

すっきり便を出し切ると椅子に座ったときのお尻の感覚が今までと全く違う。

とっても楽!

楽になったことは他にも二つあった。

一つはお風呂やトイレ掃除。

いわゆるヤンキー座りで掃除をしているとお尻が切れそうになっていたが、それが解消された。

もう一つは排尿!

勢いよく出そうとすると、肛門が切れそうになるので、そーっと、そーっと出していた。

出残り尿とでも言いましょうか、出し切れていないのでトイレの回数も多くなっていたが、それもすっきり出せるようになった。

次回の診察まで何日連続で肛門が切れなかったかをカウントしていた。

その日数が増えていけば切れ痔がよくなってきているはずだと、自分の中でバロメーターとしていた。

最高で10日連続、それもかなり甘い判定(排便後の尿がジワジワしみて痛いにもかかわらず、排便時ピリッとしなかったからという変な理屈で)。

そして11日目で切れたことにより、やはり治ってないんだという現実を突きつけられ、ひどく落ち込んだ。

2週間後の受診で完治終了

数日前にピリッと切れたようですが、診察したときには切れ痔(裂肛)は一つもありませんでした😊

しかもあんなにボロボロだった肛門周囲の皮膚もだいぶキレイになっています。

さすがに炎症が治った後のシミはあります。

これはなかなか消えません。

でも皮膚の炎症は無くなって、つっぱっていた肛門も伸縮性が良くなっています。

切れ痔(裂肛)も治ったし、皮膚も良くなったので今日で完治終了です!

でも出残り便秘®は治っていません。

便秘の治療は続けていく必要があります。

通院は必要ありませんが、患者さんの日々の生活の中で排便のコントロールはずっと続くのです。

お尻の手入れも同じです。

Sザルベは薬ではなく、ただのクリームなので、お尻のスキンケアとして続けて頂くことにしました。

そして次回は1年後です。

お尻健診で来て頂くことになりました😊

治療その後

しばらくたってから患者さんから手紙が届きました。

初診時の「大丈夫、治るよ〜」、再診時の「治ってるよ〜」という私の言葉が嬉しかったと😊

そして今まで切れない日を指折り数えてカウントしていたのに、それもすることが無くなったと!

「初診からもう2か月か〜、てことは2か月切れてないのか〜」と振り返って気付いたそうです。

「お尻のことを忘れて生活出来るようになる」

そこが私たちの目指すゴールなので、患者さんも満足、私たちも満足の結果となりました。

切れ痔(裂肛)ではなく皮膚の痛みであることも多い

この患者さんのように「肛門が痛い」という場合、肛門の中が切れて痛いのか(切れ痔・裂肛)、肛門周囲の皮膚が荒れたり裂けたりして痛いのか、ちゃんと見極める必要があります。

中の問題なのか
外(皮膚)の問題なのか

それによって対処法も治療も変わってきます。

最近、お尻を拭き過ぎたり洗い過ぎたりして皮膚が荒れている人が多いです。

肛門の痛み=切れ痔(裂肛)

を連想するようですが、肛門周囲の皮膚に問題があることが意外に多いですね。

この患者さんの訴えの中にあった

ヤンキー座りをするとお尻が切れそうになる

オシッコがしみる


オシッコの時に切れそうになる

というのは典型的な肛門周囲の皮膚症状です。

皮膚症状は長引くと切れ痔(裂肛)よりも厄介なことになるため、早めに受診して欲しいもの。

炎症を繰り返したりそれが長引くと、皮膚が硬くなります。

つっぱって伸びない皮膚になり、開きにくい肛門になってしまうため排便や排尿にも支障を来すようになります。

そうなると「痔」というよりも皮膚の問題です。

なかなか治りにくくなってしまうので早めに受診して下さいね。


診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
左側がラブです🐶
2ワンでトレーニング♪
「マット」の指示でマットの上に
フセをしなければならないのですが、
いつも1ワンでやっているからか
どうすればいいか分からずウロウロするラブ💦


でも満面の笑みです😓
「先生、どうするんだっけ?」


こうだったね!
そうそう
ちゃんと出来ました😅

,
1 いいね 6 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加