手術を覚悟して診察室に入ったのに治っていたという衝撃

(2018年10月15日加筆修正)

すいている外来の時に患者さんと雑談することが楽しい大阪肛門科診療所 肛門科女医で専門医・指導医の佐々木みのりです。

今日の患者さんは40代女性。

地元の専門病院にかかっていたけれど投薬だけの通院がずっと続くため、セカンドオピニオンで遠方から受診されました。

今までの経過

切れ痔(裂肛)で半年ほど地元の肛門専門病院へ通院していましたが、毎回同じ薬の処方に不安になり受診した。

「切れ痔だからスグ治るわ!」と痛いながらも自分を励ましながら受診。

酸化マグネシウム系の軟便剤とボラザGを処方され半年以上ずっと使用しています。

現在の排便と生活習慣

便は毎日出ているどころか、1日に2〜4回出ます。

なのに出始めが硬くて肛門が切れて痛い😫

そのあとから出てくる便は軟便・下痢便で何回も便が出ます。

ウォシュレットは使っていませんがトイレットペーパーに便が付くので5回くらい拭きます。

入浴時には泡を付けて肛門を洗い、シャワーを直接肛門に20秒くらい当てて洗っています。

飲酒は週に4回。

心療内科で安定剤を処方されていて、その薬の副作用で便秘なっているのだろうということで緩下剤を肛門科から処方されています。

痛みは一時的に落ち着くものの下痢を繰り返しています。

診察の結果

拭きすぎ・洗い過ぎで肛門周囲の皮膚が赤くなって荒れていました。

小さな見張りイボが2カ所あります。

診察すると切れ痔だけでなく割と大きないぼ痔(痔核・脱肛)もあります😓

切れ痔の傷は古くなって慢性化しています。

肛門に指を入れて診察(指診)すると軟便が大量にあります💩

今日は既に3回も便が出たのに・・・です💦

便を出す坐剤を入れてトイレで残便を出してきてもらって、もう一度診察です。

なのに・・・まだ便があります💦
しかも結構な量が・・・😱

これは坐剤では出せない、無理!と判断し、浣腸をしました。(浣腸は迷走神経反射により吐き気・頭痛・めまい・血圧低下・冷や汗・ひどい場合は意識消失して倒れることがあるため、自分で行わず必ず医療機関で行って下さい)

トイレに駆け込んでもらい再度排泄💩

そしてもう一度診察です。

次はちゃんと出せていました。
やっと肛門が空っぽになりました!

便が残っていること、

残った便に口から飲む下剤は効かないこと、

必要の無い下剤を飲んでいるから下痢や頻便になっていること、

残った便が傷を汚染するから見張りイボや肛門ポリープが出来たこと、

この便通を治さなければ切れ痔が治らない、治ってもまた繰り返し切れ痔になること

を説明し治療を提案しました。

イボ痔に関しては割と大きくて脱出しかかっていたので、手術が必要かもしれないと説明しました。

治療はシンプルです。

  1. 出残り便秘®の治療のため便を出す坐剤もしくは浣腸を毎日使用
  2. 内服している下剤を中止
  3. 入浴時に肛門を洗浄するのを禁止
  4. 出来れば禁酒
  5. Sザルベを肛門周囲と中に塗る
  6. 痛みがひどければ手持ちの注入軟膏を朝晩入れる

遠方だったため次回の診察を3週間後にしました。

治療経過

キズが深いことは何となく感じていたので説明を聞きながら「あ・・・やっぱり・・・」と思いましたが、奥にイボ痔が2つもあることにはビックリ!

「手術しなきゃダメかも・・・」と言われたときはショックでした😱

説明と指導で「ちゃんと出来るかしら・・・」と不安なまま帰路へ。

翌日から奮闘しました。

数日すると慣れてきましたが「ちゃんと出来てるのかしら・・・」不安は少し残っていました。

それでも痛みはすぐに無くなっていたので頑張れました。

痛みは全く無い状態でしたがドキドキでした。

手術だと思って患者さんが書いた手術体験レポートを待合室で読んで、手術を覚悟して「落ち着いて手術の話を聞かなくちゃ」と思って診察室に入りました。

3週間後の受診

すっかり坐剤と浣腸を上手に使えるようになっていました!

あんなに何回も便が出ていたのに便の回数も減って朝だけで排泄がすむようになっています。

便秘だからと飲んでいた下剤も飲んでいません。

飲まなくてもちゃんと排便があります。

元々、必要なかったんですね😓

お尻の症状も全て消失!

痛みも出血も何もないし、イボ痔も出てこないようです😊

手術覚悟で診察室に入って来られたようですが、切れ痔はキレイに治っていましたし、なんと、イボ痔が小さくなっていました!

脱出症状も無いので手術の必要はありません。

でも残念ながら一度出来てしまったイボ痔という物体は無くなりません。

切れ痔は治りましたが出残り便秘®は治っていません。

だから切れ痔を繰り返さないために、そして今あるいぼ痔(痔核)を大きくしないために、便秘の治療は続けていかなければなりません。

それは患者さんが生活の中で続けていくこと。

通院は必要ありません。

今日で通院終了です。

年に1回のお尻健診で来て頂くことにして「来年元気でお会いしましょう💕」と言ってお別れしました😊

「排泄が本当に大切なことだと深く感じました」

とコメントされましたが、痔は排泄の結果なので、ここをちゃんと正さなければ痔は治らないですし、手術して治してもまた何度でも痔になります。

だから痔の根本治療は痔の原因となった排泄を直すこと。

排泄を直さずに薬だけ使っていても痔は治りません。

なぜ痔になったのか?

よく考えてみて下さいね✨


診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
左端がラブです🐶
犬も色々、治療も考え方も色々です😊

1 いいね 8 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加