しばらくTRE教室をお休みします m(_ _)m

演奏や歌を歌うことはスポーツを同じだと今頃気付いた大阪肛門科診療所 肛門科女医で専門医・指導医の佐々木みのりです。

いつも入院患者さんがおられる時期に開催していたTRE教室

今月もやろうかと思っていたのですが、ちょっと今、私、出版に向けて執筆活動が始まっておりまして・・・

超多忙なため、出版のことが一段落するまで本業以外のモロモロの活動をしばらくお休みしたいと思います。

楽しみにしておられた患者さんには本当に申し訳ありません🙇🏻

出版が決まりました

出版プロデューサーの方から声をかけて頂いてからコツコツと準備を進めてきましたが、出版社も決まり本を出すことになりました。

私のアメブロを読んで声をかけて下さった出版プロデューサーのN氏と、うんこや痔や肛門という超ストレートで下品とも言えるような内容にも関わらず共感し手をあげて下さった出版社のHさんに心から感謝です。

医師が本を出版するケースは、ちっとも特別なことでも珍しいことでもありません。

巷には医療本や健康本が溢れかえっています。

肛門科の領域でも痔に関する本を書いておられる先生もたくさんおられます。

だから私がわざわざ本を書かなくても・・・という気持ちも正直ありました。

でも、痔という病気に関する説明本はたくさんありますが、実際に診察室で起こっている出来事を患者さん目線で書いている本はおそらく皆無と言っていいと思います。

診察室で繰り広げられる様々なドラマを、患者さんの生の声で、私の思いを正直に伝えたいと思ってアメブロを始めました。

2013年12月のことです。

もう5年も経ったんですね。

1000記事までは毎日書くことを目標に頑張って書き上げました。

それもアウトプット倉橋道場の倉橋さんと仲間達のおかげです。

しんどくても周りの仲間達のブログに励まされながら歩んできました。

本当にささいな、しょーもないことですが、ブログの「いいね」を押してくれる人がいると言うことがすごく嬉しくて、書き始めた頃は誰か分からない知らない人の応援も心の支えになりました。

アメブロの良い点はブロガー同士で「いいね」を押し合えて、仲間が出来、仲間同士で「見てるよー、読んでるよ−、頑張ってね!頑張ろうね!」という言葉にならないやり取りがボタン一つで出来ることです。

私が書いた文章を読んでくれている人がいる

そんな当たり前のことがブログを始めた頃は本当に嬉しくて、書く原動力になりました。

そしてありがたいことに100記事くらいで1日のアクセス数は2000を越え、1000記事に到達する頃には1日1万弱くらいのPV数となりました。

出版にあたり自分の書いたブログの著作権の問題やら、検索でちゃんと上がってくるようにということで、出版プロデューサーのN氏から今のブログへの移行を強く(なかば強制的に?笑)すすめられ、診療所のオフィシャルブログを立ち上げました。

結果としてすごく良かったですね。

記事をアップする手間は半端ないですが、確実に検索で上がってくるようになり、困っている患者さんの目に止まるようになりましたし、何よりも書いた内容の著作権は自分たちにあります。

アメブロの記事は私が全文書いていますが、著作権はアメブロにあるのです。

だから自分の書いた文章を自分のものにしたかった・・・という気持ちも正直ありましたし、自分たちが作ったサイトではないので、アメブロ側の変更に従わなければならず、エディタが変わる度にFBやTwitterなどのシェア数がリセットされてゼロに戻ってしまい、記事の内容には全然関係ないのですが、今までコツコツと貯めてきた貯金が突然ゼロになった気分でした😭

アクセス数もアメブロの時の最高数を軽く超えています。

1日1万PVは越えているので、ブログとしてはかなり読まれている方だと思います。

それでも専門外の施設を受診した患者さんからは、もっと早くブログを見つけたかったと言われるので、まだまだ頑張らないといけないですね。

別にね

このブログを読んで私たちの診療所に来て欲しいって言うわけじゃないんですよ。

ちゃんと専門の先生にかかってほしいんです。

でも専門かどうかが分からないから、探すヒントをブログに書いてます。

この記事を読んで探して欲しいのです↓↓

日本の肛門科の歴史と現状〜専門の医師を見分ける〜

記事の中にも書いてますが、専門医資格はあてにならないので、医師の経歴をちゃんと見て、肛門専門施設での研修・勤務経験があるかどうか調べて下さいね。

見学ではダメですよ。
あくまでもちゃんとした研修・勤務実態があることが肝要ですから。

そして嬉しいことに、このブログを読んで専門の先生にかかることが出来て本当に良かったとお礼の電話がかかってくることがあるんです!

どこを受診したらいいのか分からない🙄

肛門科ってたくさんあるけど、どこが専門なのか分からない🤔

そんな受診相談も以前から受けていました。

だから専門施設を実名で公表したかったのです。

電話口でいちいち答えていたら大変ですから💦

だからブログを読んで大阪肛門科診療所に来なくてもいいので、この記事だけは読んで専門の先生にかかって下さいね↓↓(しつこい)

日本の肛門科の歴史と現状〜専門の医師を見分ける〜

最近、「産婦人科・泌尿器科・乳腺外科・消化器科・肛門科」などという何科の先生か分からない看板が増えています。😰

他の科のことは分かりませんが、肛門科に関しては専門性が低い、あるいはほとんど無いと思った方が良いでしょう。

気を付けて選んで下さいね。

自分で書くことを選びました

医師が本を出す場合、ほとんどがプロのライターが執筆するようです。

私も雑誌などの取材をたくさん受けていますが、その記事も同じです。

私の記事や講演の内容を引用してプロのライターがまとめたり、足を使って取材に来て、私の話を聴いてライターが記事を書き、そして出来上がった原稿を私がチェックして校正する・・・という流れで出来上がります。

だから私が書いているわけではありません。

出版の形態としてプロのライターに書いてもらう方が多分楽でしょう。

でも自分で書くことを選びました。

出版プロデューサーのN氏から「みのり先生は自分で書いて下さいね。絶対にその方がいいですよ。」と強く勧められたということもありますが、ブログでもそうですが、文章って、言葉って、「自分そのもの」なので、誰かに作ってもらうよりも自分で表現した方が読み手に伝わるし、言葉は言霊なので、知識以上の「思い」はライターでは伝えられない・・・そう思ったんです。

はい。
正直、いばらの道です😓

大変ですよ。
書くことを仕事にしているプロのライターでもない国語力ほぼゼロに近いバカな私が、本の執筆なんて・・・と思いましたが、やってみようと思います。

目の前の患者さんに語りかけるように。
ブログで皆さんに表現しているように。

痔の知識本ではなく、誰にも言えず人知れずオシリのトラブルで悩んでいる人の光となるような、読む人のトイレ生活が一変し快適な人生を歩めるような、そんな本にしたいです。

そしてこのブログも本も、高額な診療費を払って私の外来に来て下さった患者さんから教えてもらったことがギッシリ詰まっているので、患者さんと私の作品でもあるのです。

ブログも本も私がこの世から居なくなっても残ります。

大阪肛門科診療所が将来、子供が後を継がず閉院になったとしても、困ったときに読んでもらえて、それが痔を治す何かのヒントにでもなれば・・・と思います。

ホントに大げさですが

これを伝えずして私は死ねない😠

とすら思っているので、渾身のブログであり本なんです。

一人でも多くの人の手に渡ることを願って心を込めて執筆したいと思います。

執筆する時間が・・・

でも現実問題として執筆する時間がなかなか取れません😖

だって日々、診療してますから。

作家じゃないので書くことは本業ではありません。

本業はあくまでも医業です。

このスタンスだけは崩せません。

医業においては医師のみがプレイヤーなので、いくら優秀なスタッフが居ても「私、本書かないといけないから、代わりにお願いね!」って言えない😅

だからプレイヤーとして本業をやりながら、空いた時間に書いていかなければなりません。

とすると、休み睡眠を削らなければ時間を捻出することが出来ない😱

休日もブログを書いたりすることは全然苦にならないので、休日に執筆活動をしようと思っていますが、睡眠を削ると健康を損ないますし、翌日の仕事にも差し障ります。

そうなると患者さんに迷惑がかかるので体調管理だけは怠れない。

じゃあどうする?

と考えた挙げ句、本業以外で無料で提供しているサービスをしばらくお休みしようということになりました。

TRE教室は入院手術患者さんには無料で参加してもらっています。
院内コンサートは全員無料です。

私たちが趣味でやっているので全然無料でいいのですが、時間だけはお金で買えません。

楽しみにして下さっている患者さんもおられるので、すごく申し訳ないのですが、出版が終わるまで休止させて頂きます🙇🏻

どうかご理解の上、ご了承いただきますようお願いします🙏

というわけでして・・・

今月のTRE教室はありません。

コンサートは練習してきたので今月は開催します♪

9月以降のコンサートの予定は未定です。
決まり次第ご案内しますね。

TRE教室を再開するときはブログで案内しますのでチェックして下さいね!

TREに興味があって是非セッションを受けてみたいと思われている方は全国にプロバイダーが居ますのでコチラにお問い合わせ下さい↓↓

TFA Japan

また大阪でもTREを受けられます💕↓↓
7月22日(日)開催です!

大阪 TREサークル


診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
すぐにゴロンと寝転がってお腹を見せるラブ😅
これは「バーン!」というジェスチャーで
「やられた〜😫」となっている図です😅

診療所のセラピードッグ「ラブ」のInstagram
コチラです!見てね!

インスタへのコメントありがとうございます😊
コメントの返事は出来ないんです💦
ごめんなさい🙇🏻
実は娘が管理してます😓

1 いいね 7 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加