ウートピに「おしりを洗いすぎてはいけない理由」が掲載されています

(2018年10月15日加筆修正)

休日は講演のスライドを作るかブログを書くか、とにかく何かやることがあって、ずーっと仕事している大阪肛門科診療所 肛門科女医で専門医・指導医の佐々木みのりです。

今年は学会発表もしないし落ち着いた1年になるだろう・・・と思っていたら、講演の依頼があれよあれよと増えて結局、今年も忙しくなっちゃいました💦

一つ一つの講演で話すテーマが違うので、1回1回スライドを作っています。

どうしたら伝わるだろう?
どんなスライドを作ると分かりやすいだろう?

と一生懸命考えて、伝わる分かりやすいスライドを作ることを心がけています。

スライドを作るためには当然、自分も色々調べたりするので、知識が深まり自分にとっても良い勉強になります。

私の講演は同業の肛門科の先生向けの「肛門周囲の皮膚疾患」がテーマの講演が多いです。

元皮膚科医という異色の経歴を持つのは日本で(もしかしたら世界で)私だけなので、肛門周囲の皮膚疾患と言えば私が呼ばれるわけです😓

最初は外科出身でないことがコンプレックスで、自分の「弱点」だと思っていた皮膚科医という経歴。

それを「弱み」ではなく、他の先生との「違い」「強み」に変えよう、それがきっと自分自身に対する自信にもつながり、他の先生や患者さんの役に立てるはず・・・そう思って独自の情報発信を続けてきました。

結果として頑張って来て良かったです。

私にとっては当たり前の皮膚科の知識や常識が、他の科の先生にとってはそうでないことが多く、非常に喜ばれました。

これからも私にしか出来ないことを、誰かの役に立てることを続けていきたいと思います。

内科の学会で教育講演をしたことが取材のきっかけ

今回も私の取材記事がウートピに掲載されました。

取材のきっかけは昨年秋の内科の学会での教育講演でした。
その話はコチラ↓

日本臨床内科医学会で講演しました

この講演が大好評だったようで、早朝の講演だったにもかかわらず満員で、その講演をきっかけに徳島県の内科医会から講演の依頼を頂きました。

先週、徳島県まで講演に行ってきました。
そのことはまた書こうと思います♪

今回のウートピの取材記事は「おしりを洗いすぎてはいけない理由とは?」です!

このブログでも、私の外来でも、さんざん何度も繰り返し伝えている洗い過ぎの話です😅

実際に私の外来に来られる患者さんがやっていた過剰衛生習慣についても詳しく具体的に書かれています。

「お尻は よく洗って清潔に」の時代から「お尻を洗うのもほどほどに」の時代に変わっています。

温水便座だけが槍玉に挙げられることが多いですが、何も過剰衛生習慣は温水洗浄便座だけでなく、他にも驚くべき「お尻習慣」を持っている患者さんをどれだけたくさん診てきたか・・・😱

当てはまることがある人は是非、今日から一旦、洗うのをやめてみてください。

それだけで今、困っている症状が良くなるかもしれません。

いや、本当に良くなった!という患者さんが毎日たくさん私の外来を受診されていますよ😅

騙されたと思って試しにやってみてください。

お金も何もかかりません。
(電気代と水道代が安くなりますね😅)

ウートピの記事はコチラ↓↓

おしりを洗いすぎてはいけない理由とは?【大腸肛門病専門女医に聞く】

 
診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
右側がラブです🐶
ラブも洗いすぎて薄毛になったのでしょうか・・・
獣医さんから洗わないよう指導されました
犬も人間もおんなじなのかも😓

 

診療所のセラピードッグ「ラブ」のInstagram
コチラです!見てね!

インスタへのコメントありがとうございます😊
コメントの返事は出来ないんです💦
ごめんなさい🙇🏻
実は娘が管理してます😓

1 いいね 5 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加