TREについて深く知りたい方へ

寒さより暑さに弱い大阪肛門科診療所 肛門科女医で専門医・指導医の佐々木みのりです。

暑がり・汗かきなので夏が苦手で冬の方が過ごしやすい私でも、さすがにここ数日の寒さにはビックリです。

風邪もインフルエンザも猛威をふるってますね。

皆さん、どうかお気を付けてお過ごし下さいね。

さて久々のブログ更新なのですが、今日は便秘や痔の話ではなく、診療所で患者さん向けに行っているTREについてのご案内です。

TREとは

日本には「トラウマ開放エクササイズ」として2012年頃に入って来ました。

震災後のトラウマケアとして被災地で行われましたが、まだまだ広く認知されるに至っていません。

きっと「トラウマ」という言葉がハードルになっているのでしょう。

患者さんからも「トラウマと言う言葉にちょっと怖い感じがする」とか、「私は別にトラウマなんてないので自分には関係ない、必要ない」と言われる方もいて、「トラウマ開放エクササイズ」というネーミングを使わずに私は「TRE」と、原語のまま用いるようにしてきました。

その方が患者さんも気軽に受けられるからです。

原語だと「Tension & Trauma Releasing Exercise」

つまりtraumaだけでなくtension緊張も含まれているのです。

心理的なトラウマだけでなく、ちょっとした緊張ストレス、それは心理的なものだけでなく身体的なものも全部含めて考えてもらう方が分かりやすいと思います。

実際に今まで300名近くの患者さんにTREを行って来ましたが、「いわゆるトラウマ」を持っている人はゼロで、それでもTREによって腰痛肩こりが改善したり、35度の低体温だった人が36度台にまで上がったり、頭痛持ちだった人の頭痛が治ったり、冷え性むくみの改善、血圧の正常化など、色々な効果がありました。

何よりも手術を受けられた患者さんは、手術の時には緊張して体がガチガチになってるので、術後、お尻は痛くないけど足腰が筋肉痛っていうこともしばしばあって、TREをするとそれが治るので、入院中にTREをやって、手術の緊張とストレスを開放してから帰ってもらいたいなぁと思ったのが始めたきっかけでした。

TREの効果

実際にTREを受けられた患者さんからは色々な感想をたくさん頂いています。

一番多かったのが腰痛の改善です。

その場で、エクササイズ直後に効果を実感出来ることが多いです。

姿勢が悪い人だと背骨が真っ直ぐになるので身長が伸びることもよく経験しています。

ただ、腰痛は日頃の姿勢と体の使い方の結果なので、ここを根本的に改めなければ何度でも繰り返します。(便秘を直さないと痔を繰り返すのと同じですね)

起こってしまった腰痛の対処法としては即効性もありますし、何よりも整骨院などに行かなくても自宅で自分で出来るというのも便利です。

腰痛改善効果は私も実感しており、腰痛がひどいときには必ずTREをしてから寝るようにしています。

お布団の上でも出来るので便利です♪

次に多いのが便通の改善

TRE翌日の排泄がスッキリ!という声を、たくさんの患者さんから頂いていて、退院後も自宅で続けておられる患者さんからメールで経過報告が届くこともしばしば。

振動が腸の蠕動(ぜんどう)運動を促すのでしょうね。

TREをするようになってから下剤が必要なくなったり、下剤の効きが良くなって減量できている患者さんも多いです。

おなか(腸)の便秘には効果があると思います。

女性で多いのがむくみの改善です。

TREをするとオシッコに何度も行きたくなる人は体に余分な水分が溜まっている証拠。

排尿回数が増加し、体重が減ったという方もおられ、思わぬ形でダイエットになったと喜んでおられましたが、余分な水分が抜けて、バランスが整うと排尿回数も元に戻ります。

脚がむくみやすい人にはオススメですね。
スタイルも良くなりますし💖

また低体温の人にはぜひ続けて欲しいです。

なぜなら本当に36度台になって体調が良くなるからです。

体温が低いと免疫力も低下していますし、代謝も悪いです。

お一人、不妊症で何年もずーっと基礎体温を付けられていた30代の女性がおられたのですが、TREをしてから基礎体温がどんどん上がり続け、初めて36度台になり、冷え性も改善、体調も良くなり、風邪もひかなくなったと喜んでおられ、そして・・・なんと、妊娠されたんです!

やっぱり体温が低いと妊娠しにくいのでしょうか。

TREだけの効果ではないと思いますが、そんな嬉しい報告もありました😊

もちろん心理的なトラウマにも効果があります

私は肛門科医なので心理的なことには触れないようにしています。

専門外のことに手を出すことは患者さんに対して無責任だと思うからです。

だからTRE教室の時には身体的なことに絞って説明をしています。

でも本当はTREは心に脳に働きかけるエクササイズです。

脳の話まですると、それだけで2〜3時間かかってしまうため、私のTRE教室ではほとんど触れていませんが、もっと心理的な、脳神経学的なことを知りたいという方もおられるでしょう。

でも、そのような専門的な話をしなくても、うつ病の症状が良くなって抗うつ剤を飲む必要がなくなったり、引きこもっておられた方が仕事に就けるようになったりと、TREによって人生が変わった患者さんもおられます。

私は精神科医ではないので、うつ病パニック障害の治療はしていませんが、痔や便秘で悩んで受診される患者さんの約2割くらいに、こうした疾患を持っておられる方がおられ、便通や痔の治療を通して、うつ病やパニック障害まで良くなってしまった・・・という嬉しい結果もたくさん経験しています。

そのような疾患に対してTREが深く効いていると感じています。

TREの利点は言葉を介さずに癒しが得られる点です。

別につらい体験を話してもらう必要もなく、私がカウンセリングをすることもなく、ただただエクササイズをするだけで心の傷が癒されるという、私にとったらまるで魔法のようなエクササイズです。

「先生、ありがとうございます。」と言われるのですが、私のおかげじゃなくて、TREによって体が本来持っている力が引き出されただけで、私はTREの安全なやり方を指導しただけなんですよ。

治したのは あなた
癒したのは あなたのカラダ

と、いつも説明しているのですが、人間誰しも自分のカラダを自分で癒す力(自己治癒能力)を持っているので、それをいかに高めてあげるかということが大切なのだと日々の診療でも思っています。

睡眠不足や働き過ぎで体が疲れたり、イヤなことがあったりして悩みを抱えたり、心理的なストレスでも、この自己治癒能力は低下します。

だからカラダとココロ、どっちも大事なんですが、ココロにアプローチするのって難しいです。

だって見えないし、たくさんのセラピーや心理療法がありますが合う合わないもある。

だけどTREは体に働きかけるエクササイズ。

体に働きかけているけどココロにも効くエクササイズ。

本当に素晴らしいです。深いです。

TRE国際認定養成コースが診療所で開催されます

TRE国際認定養成コースが診療所で開催されます。

このコースはTRE指導士の資格を取るためのコースなんですが、別に指導士の資格の取得関係なく、TREについてもっと知りたい、学びたいという方も参加可能です。

また自分でTREをやっているけど、もっと自分のTREを深めたいという方も是非ご参加下さい。

きっとアタマで理論的に理解すると納得出来て、より深い効果が得られるでしょう。

このコースを受けてみて指導士の資格を取りたい方は次のステップに進まれたらいいでしょうし、学びたいだけの方は、そのあとのSVは受ける必要がありません。

TREに興味のある方は誰でも受けられます。

講師は私の尊敬する可児さえさん。

とてもパワフルでチャーミングな女性です✨

可児さんは人間的に素晴らしいことはもちろん、海外での生活が長いため英語ペラペラ(むしろ英語で考えておられます😅)、通訳としても本当に驚異的な能力を持っておられ、こんなにスゴイ人は見たことがありません。

TREトレーナーとしての姿勢は学ぶべき所が多く、私たちプロバイダーの目標・憧れでもあり、私たちプロバイダーも可児さえさんのTRE個人セッションを受けています。

全国から可児さえさんのモジュールを受けに来られるプロバイダーがたくさんいます。

それだけTREが深いということでもあり、可児さえさんが素晴らしいということでもあります。

可児さんのエネルギーに触れるだけでも価値があるかもしれません💖

日程は2月10日(土)11日(日)12日(月・祝)の3日間。

場所は大阪肛門科診療所。

もちろん宿泊も受け付けますので遠方の方も是非どうぞ✨

お申し込みはコチラ↓
(診療所ではお申し込み出来ませんのでご注意下さい!)

TRE国際認定養成コース


診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
寒いけどお散歩頑張る!
ボクにも会いに来てね💕

,
1 いいね 5 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加