風邪でしたがコンサートで歌いました♪

風邪で普段の6〜7割くらいのパワーで歌ったのに普段よりも良かったと言われ喜んでいいのか戸惑っている大阪肛門科診療所 肛門科女医で専門医・指導医の佐々木みのりです。

今日は院内コンサートでした♪

ブログでもご案内していたように、私、1週間前の日曜日から5年ぶりに風邪を引きまして・・・ちょっと熱も出て寝込んでおりました😓

鼻は詰まるわ出るわ、ツバを飲み込むのも痛いし、これは絶対にコンサート無理・・・と思い、バンドのメンバーにも伝え、急遽、曲目を変更して私無しでも演奏出来るように準備をしてもらっていました。

普段はBassを弾いていてコーラス程度しか歌わない院長なんですが、何か歌える曲はないものか・・・と練習して、よし!これなら歌えるわ!という曲目を8曲くらい準備出来たので、私は歌わないつもりで居ました。

でも・・・

風邪をひいていても、熱があっても、今までコンサートで歌ってきた経験があるため、もしかして今回も歌えるかも・・・と思って当日のコンディションで決めようということになりました。

そして今朝・・・

風邪はまだ治ってないけど、とりあえず声は出るわ・・・

リハーサルで声出してみて、歌えそうなら本番歌おうかな♪

と思いリハーサルで声出してみたら出るやん!歌えるやん!

普段ほどパワーと声量はないですが、鼻歌でも十分普通の歌に聞こえるくらい声がデカイので、椅子に座ってフンフン歌うくらいなら全然出来ました。

今日は、風邪で体もしんどいし、椅子に座って普段の半分くらいの力で鼻歌コンサートするわ〜♪♪♪

ということになり、本番も歌うことに。

だけどさすがに普段のように15曲歌うのはしんどいので、曲数を減らして、3曲は院長のソロ曲を入れて、合間で休憩しながら歌わせて頂きました♪

嬉しい!久々のアンコール♪

今日の曲目は

1.人生の扉(竹内まりや)

2.糸(中島みゆき)

3.Desperado(Eagles)

4.明日(平原綾香)

5.Your song(Elton John)

6.Top of the world(Carpenters)

7.Alone again(Gilbert O’Sullivan)

8.September(竹内まりや)

9.ドレミの歌

10.涙そうそう(夏川りみ)

 

珍しく10曲で終了しました。

ところが・・・

「もう終わりなんですか?もっと聴きたいんですけど・・・」

「アンコール!!」

と患者さんから😆

いや〜、嬉しかったですね〜😚

普段は15曲くらい演奏するからでしょうか。

結構、コンサートの時間も長いし、途中で患者さんのお尻のことが心配になるし、終わったらさ〜っと帰って行く患者さんも居たりして、あー・・・、もしかして「先生が演奏してるから最後まで聴かなくちゃ・・・」と思って義理で居て下さったのかなぁ・・・と心配になることもあるので、10曲くらいにしておいたほうがいいかもねと話して、今日はあえて曲数を少なくしたんですよ😅

ところが・・・
困りましたよ😅

だってアンコール曲なんて準備してないし〜〜〜😅

何演奏する?
これなら出来る?

とバンドメンバーと相談し、練習もリハもしてない曲を演奏しました↓

11.私はピアノ(オルケスタ・デ・ラルス)

12.TSUNAMI(桑田佳祐)

13.真夏の果実(サザンオールスターズ)

14.to U(Bank Band)

15.Smile

結局、いつもと同じ15曲やってるじゃないですか😅

でも皆さんが楽しんで下さって、何よりも本当に喜んで下さったのが嬉しかったです😊

私たちも楽しかった!

今回の入院患者さんは3名。

人数が少なかったのでどうかな・・・と思ったのですが、女性2名と男性1名、本当に仲良く楽しそうに入院生活を送っておられて、食事のたびに食堂で話に花が咲いているようです😅

しかも若い!

1980年代生まれと聞いて、ひいてしまいました〜😅

知ってる曲がほとんど無かったようですが、聴いたことはある曲だったようで安心しました😓

普段のコンサートよりも良かったです?!

コンサートを聴いていたスタッフに言われたんです。

「風邪ひいているのも全く分からないし、声も普段通りだし、むしろ今日のコンサートの方が良かったです。今までのコンサートよりもすごく声が良かったです!」

と言われ、風邪だけどクオリティはそこそこ維持出来てると安心しました。

今回のコンサートは風邪で体もだるかったので、椅子に座って力を抜いて歌いました。

それが良かったのでしょうか😓

いつもは体を使って腹式呼吸で、おなかと下半身に力を入れて歌ってますから、いつものような声量とパワーは無かったと思うのですが、それでも皆さんから喜んで頂けて嬉しかったです😊

っていうか私も歌ってて気持ちよかった🌟

歌うの大好きだなって改めて思いましたね💕

変な緊張もなく、本当に歌を楽しむ、声を出すことが気持ちよく感じたコンサートでした。

何よりも患者さん達が本当に喜んで下さったのが嬉しかった💖

「TSUNAMI」と「真夏の果実」なんてリハーサルでもやってないし、初めて院長と2人のデュオで、ぶっつけ本番で合わせました。

大好きな曲だったので歌えて嬉しかったなぁ😌✨

元患者さんが来て下さることも嬉しい

院内コンサートには入院中の患者さんだけでなく、手術を受けて完治して、もはや患者では無くなった元患者さんも来られることが多く、今回はブログでコンサートの告知をしてなかったので、人数が少なかったのですが、お一人、昨年の秋に入院されていた元患者さんが聴きに来て下さいました😊

今、入院中の患者さんにとっては先輩です。

既に治療体験済みなので、色々と聞きたいこともあるようで、退院後の話や診察や便通の話で盛り上がりました。

こうして元患者さんが来て下さることは私たちにとっても大変有り難く、本当に嬉しいです💖

入院患者さん同士仲良くしろ!と言うつもりも全くありませんし、誰とも関わりを持たず一人で静かに入院生活を送りたいという患者さんもおられます。

どんな過ごし方をされてもいいと思います。

でも入院生活を通して生涯の友を得られる患者さんが結構おられるんです。

10年以上前に手術を受けて、今では通院すらしてないのに、年に1回手術を受けた月に天満橋で待ち合わせをしてランチしている患者さん達もおられます。

性別や年齢関係なく、退院後も関係性が続くようです。

今回は女性2人に男性一人なので心配だったのですが、手術当日の夕食から仲良くなられて夜の回診に行ったら病室に誰も居なくて、夜遅くまで食堂で話し込んでおられたのでホッとしました。

友だちにも出来ないお尻と便の話を、ここでは食事中でも周囲をはばからずに出来ます!😅

それも入院ならでは。

この入院生活が暗い思い出や消し去りたい過去ではなく、皆さんの心に楽しい思い出として残ることを願っています💖

痔の手術で入院して楽しかったなぁ

そう言って頂けるよう私たちも頑張ります💪


診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
コンサートの間、ずっと患者さんたちの膝の上で
気持ちよさそうに寝てるラブ💖
たくさんかわいがってもらいました💕

1 いいね 6 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加