悪いのはグルテンなのか、それとも?

小麦が苦手

(2018年9月9日加筆修正)

明治45年創立以来痔の治療専門に100年以上の大阪肛門科診療所 院長の佐々木巌です。

先日、クローン病かと思われていたのにグルテンフリー食を試したら症状が治ってしまって、結局クローン病ではないという結論になった人がいた話を書きました。

実は私も、小麦を摂ると鼻炎が出たり、腹部膨満だったり色々症状が出ます。

「小麦を摂ると」なんて簡単に書きましたが、「原因は小麦ではないか?」という判断に辿り着くまでには相当年月がかかりました。

洋菓子・うどん大好き、パンだって週に3回以上食べていた小麦大好き人間だった私が、「小麦ダメかも」を受け入れるのにどれだけ心理的抵抗があったことか・・(泣)

年月がかかった歴史はこのあとお話しますが、さらに私の場合は本当に悪さをしているのはグルテンなのか?それとも別のモノなのかな?という疑問がありまして・・・

結論から言うと、私の場合は一般的に手に入る小麦(=普通小麦)がダメなだけなのかもしれません。

と、いいますのも、古代小麦の一種であるスペルト小麦なら食べても症状が出ないようだからです。

今日はそういうお話しをしたいと思います。

佐々木巌的、鼻炎の歴史

元々、鼻炎?目がかゆい?という症状はありました。

多分10代の頃からです。

自分で「花粉症かも?」と思ったのは32~33歳頃でした。

この自分が花粉症であることを受け入れるのにも相当時間がかかりました(こればっかり・・笑)。

しかし、春に恐ろしく鼻汁の出る日があるのです。

もう、水道の蛇口から水が漏れるみたいに、ぴちゃっ、ぴちゃっと垂れるんです。

ポケットティッシュなんてものの5分でカラになり、ボックスティッシュを持ち歩くかハンカチで鼻を拭くのです。

あきらめて自分が花粉症であることを受け入れて(笑)、内服薬も試しました。

しかし、笑えるくらいに全く無効でした。

さらに、花粉が多い日、皆の症状がキツい日に、私の症状がキツいとは限らない。

雨上がりにキツかったり、花粉が少なくてもキツかったり・・なんかヘンだなあ?と思っていました。

そのうちPM2.5が話題となり、多分それに反応しているのだろうと納得しました。

今でも、私の鼻は何かの化学物質に反応しているのではないか、という疑いは継続して持っています。

・・そうしているうちに、花粉症が治った?という出来事が起こり、劇的に鼻炎の症状が軽減します。

30代半ばのことでした。

この話は、昔からの読者さんはご存じかも知れません。

また書きます。
とにかく長いので。

で、現在の状態はといいますと、基本的に春になると軽い花粉症の症状、例えば鼻水・目がショボショボするという症状はあります。

でも薬は飲んでいません。

4月中に2〜3日くらい本当にキツく症状の出る日があります。

その日は鼻をかんで過ごします(笑)。

大抵は一晩寝て翌朝起きると治っています。

半年くらい前からグルテンフリー食を試しています。

私はカンペキ主義者ではありませんから、時々小麦も食べます。

春になって、そうして小麦を食べたときに気付いたのです。

小麦を食べた2時間後くらいから鼻炎がスゴいんです。

正直、「ホンマかいな?」と思いました。

で、年明けから何度も試しましたが、ほぼ毎回鼻炎が悪化しますね。

現在は小麦を出来るだけ避けるようになっています。

こういった状態でスペルト小麦を食べる機会を得ました。

スペルト小麦・古代小麦とは

古代小麦というのは、昔からある小麦のこと。

あるいは、自然な交配によってのみ出来る小麦のことです。

現代私達の口に入る小麦は普通小麦と言われていて、人為的現代的な品種改良がされているようです・・・。

スペルト小麦というのはその古代小麦の一種、と言うことにします。

本当はスゴーくややこしい話のようですが、思い切って省略します(笑)。

スペルト小麦だと症状が出ない?

平成29年3月11日に「大阪ぐりぐりマルシェ」というイベントでスペルト小麦のフォカッチャを食べてみました。

フォカッチャというのは、イタリア料理で出てくる平らなパンのことです。

はい、パンですよ、私の大好きな。

食べたんですよ。
すーごーく美味しかったです。

そして、辛い症状は出なかったです。

後日、フォカッチャの作者さんに連絡して大量に再購入(笑)して、これでもか!ってくらい腹一杯食べました。

やはりそのときには、普通小麦を食べたときのようなキツい症状は出ませんでした。

これも繰り返し試さないと分からないのかも知れませんが、スペルト小麦なら食べても大丈夫な印象なのです。

スペルト小麦だって小麦です。

グルテンも含んでいますから、本当にグルテンアレルギーなら同じようになるはずです。

ところが私は症状は出ないのです。

てことは・・?
私にとって本当に悪いのはグルテンなんだろうか?

というのが疑問ですよね。

国産小麦と外国産小麦の違い

さらに外国産の普通小麦にはポストハーベストの問題もあります。

以下、ウィキペディアより抜粋です。

ポストハーベスト農薬とは収穫後の農産物に使用する殺菌剤、防かび剤などのこと。

ポストとは「後」、ハーベストは「収穫」を意味する。

日本では収穫後の作物にポストハーベスト農薬を使用することは禁止されている。

しかしながら米国をはじめとする諸外国から輸入されている果物等は、収穫後に倉庫や輸送中にカビ等の繁殖を防止するために薬剤が散布されることがある。

・・・だから、「国内産小麦使用」って一生懸命表示しているパンがあるんですなぁ。

これ以上は何も言いますまい(苦笑)。

私の鼻炎を悪化させるモノは?

結局、普通小麦やそれに付随するナニかを摂取することで、私の鼻炎症状は悪化し、腹部膨満感が出現する、のではないかと思っています。

私の鼻炎が小麦に関わっているのに気付いたのは、縁あってグルテンフリー食を試したのがきっかけです。

それまでの私は先に申し上げた通り、パンが大好き、うどん大好き、洋菓子大好きの小麦大好き中年でした(笑)。

グルテンフリーのブームには感謝しているのですが、私は現在、グルテンフリーがヘルシーだとは思っていません。

グルテンだって本来必要な、少なくとも無害なモノのはず

それをナニやら人間が後からいじくり回して、おかしなレッテルを貼っているのではないかと思っています。

ヘルシーなグルテン食ってのが、あっても良いんじゃないかなあ。

だって・・・うどんが食べたいんですよ(結局それかい!)

,,
1 いいね 2 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加