ずっと「いぼ痔」だと10年間思っていたのに一つも無いという衝撃?!

(2018年10月12日加筆修正)

海よりも山が好きな大阪肛門科診療所 肛門科女医の佐々木みのりです。

山ほど溜まっている患者さんのアンケート。

少しずつですが、ブログに掲載していきたいと思います。

受診される患者さんと話をしていて、痔にまつわる勘違いと、良かれと思ってやっていたことが間違っているということが本当に多いなぁと感じます。

 

痔だと思っていたものが痔ではなかったり、

いぼ痔だと思っていたものが切れ痔や皮膚のたるみ(皮垂)だったり、

快便だと思っていたら便秘だったり、

肛門を洗ってキレイにしているつもりが痔の原因になっていたり、

 

と、患者さんの常識が私たちにとって非常識だったりすることが多々あります。

診察を受けられた患者さんがアンケートを書いて下さるのですが、そこにも衝撃を受けられた患者さんの様子がありありと綴られています(笑)。

10年間、いぼ痔だと思っていたものが切れ痔だった

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
みのり先生、この度は本当にありがとうございました。

高校生の時に初めてオシリに違和感を感じてから約10年たまに痛む程度だったので放置してきました。

でも、そろそろ結婚を考えるようになり、彼には痔だと打ち明けてはいましたが、度々痛くなり、排便しづらくなるのを一生続けるのだろうか・・・とイヤになり、独身の今なら自費治療も出せると、決心しました。

最初いったときは症状はなかったのですが、便は溜まっているし、いぼ痔だと思っていたら切れ痔で、見張りイボがあるといわれてしまいました。

ずっと いぼ痔だと10年間思っていたのに一つもないなんて・・・笑

先生曰く、時々ひどく痛んだのは血栓性のものではないかと言うことでした。

そして2週間後、実はこの間にオシリが腫れてしまい、坐薬も入れられない日がありました。

でもこれが何なのか先生に見てもらえる!

今、腫れて良かったとさえ思いました(笑)

めちゃくちゃ痛いですが、一度みてもらっていたので不安は少なかったです。

そして当日、はやり血栓性のものでした。

これで通院は終了ですが、今後どうしたらいいか最後に色々聞くことが出来て、これからも便通管理がんばっていいこうと思いました。

ゆっくり話を聞いてもらえるし、とても明るく元気なみのり先生なので、症状もですが、気持ちが楽になると思います。

病院が苦手な人も、悩むより絶対一度診てもらった方がいいです。

素人なんかには何も分からないです。

自費は高いと思うかもしれませんが、「安心」の分と思えば私は見合った金額だと思います。

遠方ですが1年に1回は検診に通います。

みのり先生、看護師さん、受付の方、みなさんありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

遠方から来られた患者さんでした。

2週間後の再診で来られた時には、なんと、タイミングよく(?笑)血栓が出来ていました。

便通の管理を怠った翌日に腫れたようです😓

血栓性外痔核血栓のせいで一時的に腫れただけのものなので、血栓が溶けて吸収されれば治ります。

無くなります。

つまり切らなくても治る痔です。

手術は必要ないんです。

これをいぼ痔だと勘違いする人が多いです。

患者さんだけでなく専門外の医師も知らないケースが多いので、是非とも、多くの人に知って欲しい痔ですね。

手術しなくても治る痔、消えて無くなる痔、おしりの血豆「血栓性外痔核」

「いぼ痔」も「切れ痔」も手術が必要なケースは非常に少ない

肛門に何か「でっぱり」や「できもの」があると「いぼ痔」(痔核・脱肛)と思われるようですが、「見張りイボ」や「皮垂」だっというケースが非常に多いです。

見張りイボ切れ痔(裂肛)のせいで出来た皮膚の腫れ・たるみです。

若い女性が痔だと訴えるケースの多くが肛門皮垂でした。

肛門皮垂(スキンタグ)〜たるみが出来た原因を治さずに手術してもまた出来る〜

いぼ痔にしろ、見張りイボにしろ、肛門皮垂にしろ、出来てしまった物体は無くなりません。消えません。

それを取り去りたい、キレイにしたいのであれば、手術して切除する以外に方法がありません。

でも気にならないのであれば手術の必要はないのです。

それがあるから便が出にくいわけでもないし、

その物体のせいでキレイに拭き取れないわけでもないんです。

そもそも便が出にくいから、そんな物体が出来たわけで、それを取り除いても便が出やすくなったりしませんよ(笑)

その物体をキレイに切除しても、便がスッキリ出ずに中に残ってたらキレイに拭き取れないですよ。

温水便座で肛門を洗っても、肛門の中が便まみれだったらキレイになりません。

そのような物体が出来てしまった原因である便通を直さなければ、たとえ手術をして取り除いても、また何度でも出来ますよ。

だから根本治療は便通を直すこと。

私たちは痔の原因となった便通を「出残り便秘®「鈍感便秘®と名付けて治療に取り組んでいます↓

出残り便秘®®・鈍感便秘®® 〜その残便感は便秘かもしれない〜

痔は排泄の結果です。

痔の治療は排泄を直すことなくしてありえないと私たちは考えています。

便通を直したら痔の症状が改善するだけでなく、女性の場合、美肌になるという超嬉しいオマケがついてきます💕

皮膚科で治療してるのになかなか治らないニキビで悩んでいる人、お金をかけてエステなどに通っているのに美肌にならない女性も多く、たった2週間の便通治療で劇的にお肌がキレイになるという経験をたくさんしています。

便通や美肌に良かれと思って食べているモノが実は間違っていたり、やっている習慣が肌をボロボロにしていたり、患者さんの非常識あるある!

生理が止まってしまった女性患者さんや、鍼治療などを受けているのに体調不良が治らない女性患者さんを紹介しているボヌール・ツリーの倉橋美保子先生。

先生の施術を受けられた患者さんのビフォーアフターに、いつも驚かされています。
(私も通ってます^_^;)

その美保子先生からご自身がされているスクールで便秘の話をして欲しいなぁというお話しを頂いていまして、せっかくなら二人で一般の方も対象にお話し会をしましょうか!という運びになりました💕

TRE教室やマイルドサージ®、院内コンサートなどの診療所のイベントは患者さん限定で一般の方は入れませんが、今回のお話し会は、せっかくなのでブログを読んで下さっている方々や一般の方でも参加出来る形にしたいと思っています。

出残り便秘®鈍感便秘®もスライドで分かりやすく説明します。

何をどう食べればいいか?など、食に関するアドバイスから肌の話まで、おもしろおかしく美保子先生と二人でお伝えできればと思っています。

まだ内容の詳細は未定です。

決まりましたらブログでご案内しますね!

日程だけは二人で調整して決めました。

11月23日(木・祝)です!

是非予定をあけておいてくださいね〜💕


診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
犬のようちえんでトレーニング♪
先生の言うことはよく聞くんだけどなー😑

1 いいね 6 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加