入院手術を受けられた患者さんが、手術室で流れているBGMで泣いたわけ

(2018年10月12日加筆修正)

今はVocalをやっていますが、実は高校時代途中までは音大ピアノ科受験生だった大阪肛門科診療所 肛門科女医の佐々木みのりです。

診察室や手術室で流れているBGM、分かる人には分かると思うのですが、私の大好きな押尾コータローさんのギターです。

最初はピアノ曲を流していたのですが、何となく音が大きくて、ガチャガチャしてBGMにならず、押尾さんのギター曲に変更したところ、すごく落ち着いたんです。

主張が無いわけではないのに、なぜか気に障らず、でもちゃんと耳や心に響く音色。

心地よい音楽に包まれて診療をさせて頂いています。

時々、手術中に患者さんから「これ、押尾コータローですよね?」と聞かれることもあり、分かる人には分かるようで、押尾さんファンの人もおられて、手術中、音楽談義で盛り上がったこともありました。

もう3年前のことになるのですが、手術中にハラハラと涙を流しておられた女性患者さんがおられたんです。

痛いのかな・・・と思って尋ねても、

「いいえ、違います。痛くないです、大丈夫です。色々と今までのことを思い出してしまって・・・」

と言っておられたので、てっきり、辛かった痔の痛みや今まで悩んでいたことを思い出して、これでやっと解放されると感無量で泣いておられるのかと思っていました。

そしたら・・・

こんなことがあったんですね(涙)

退院後に手術体験記を読んでビックリしました。

手術中のBGMで泣いたワケは・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これから手術を受けられる方の一助にはあまりならないコメントで申し訳ありません。

個人的な感傷にひたってる文章になりますが、どうかお許し下さい。

半年前に最愛の兄が食道がんで亡くなりました。

最後の入院生活で病院のベッドでずっと押尾コータローさんの音楽をイヤホンで聴いていました。

兄はギターが趣味で、元々エレキギターが特に好きだったのですが、私がコータローさんのファンになった影響で、兄も押尾コータローさんにのめりこみはじめた時期にがんが発見され、休職してから他界するまでフォークギターを購入し、コータローさんのギターの曲をコピーしていました。

葬儀の式場ではコータローさんのコピー曲の「戦場のメリークリスマス」が流され僧侶の読経よりも心にギターの音色が響いてたまらなかったです。

18日の手術台に上がった時、手術室で流れていたコータローさんのギターの音色の一つ一つが心にしみて、兄の耐え抜いてきた手術の数々と痛みを自分に重ねてしまいました。

お尻の痛みや頭痛を味わう度に、兄はこのくらいの疼痛を耐えてきたか、私のこの痛みより痛かっただろうか・・・と、どのくらいだったんだろうと、兄の痛みばかり想像し辛かっただろうにと、心に何度も何度も繰り返し反復させている自分に気が付いています。

この度、入院させて頂いたのも何かのご縁のような気もしますし、この入院生活をきっかけに私の心の痛みから解放できればと思っております。

また、たくさんの愛情に溢れる気遣いのある医院ですので前向きな気持ちになれ、病気をきっかけに心が変わっていくような気がしています。

ありがとうございました。

海外旅行に行くよりも充実した日々を送れました。

最後に、毎日気配り頂いた看護主任さんには心より感謝申し上げます。

また毎日の診察と手術をしてくださった院長、みのり先生方、看護師の方々、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

入院期間中、他の患者さん達と楽しそうに過ごしておられたので、まさか、そんな辛いことがあったなんて全く思いもしませんでした。

痔の治療によって心の痛みも解放されたでしょうか。

そうであれば嬉しいです。

押尾さん本人に承諾を得て流しています

実は何を隠そう、私、押尾コータローさんのfan club会員です。

でもね

私が加入した形になってますけど、本当は主人(院長)が、自分が入るのが恥ずかしかったから私の名前を使って加入してたんですよ(笑)

「だって、男がファンクラブに入るの、気持ち悪いやろ?だから名前貸して。」

と・・・。

私は別にギターのこと詳しくないし、押尾さんのことも当時、そんなに知らなかったのですが、主人が押尾さんのギターが大好きで、押尾さんのCDを聴いて、一生懸命コピーをして弾いてたんですよ。

そばで聴いているうちに、ギターの音色が好きになっていました。

私は自分自身はピアノを弾くので、BGMはピアノって思っていたのですが、ピアノの音色よりもギターの音色の方が耳に優しくて心地よいと思うようになっていました。

全然ギターに興味がなかったのに、押尾さんのギターを聴いてからすっかりギターが好きになって、家族と一緒に押尾さんのコンサートに行ったりするようになり、ファンクラブ会員限定のファンクラブライブの抽選に当たり、2度行きました。

このファンクラブ会員限定ライブ、すごいんです!

ライブ後に押尾さんがファン一人一人と握手して写真を一緒に撮ってくれるんですよ♡

人数も少なく、会場もライブ会場とは限らず、2回目に行ったライブ会場が雑貨屋さんの2階で、席もナント最前列。

もう本当にすぐ目の前で、手を伸ばすと触れる位置で生演奏を聴くことが出来ました!

握手と写真撮影の時に押尾さんと話すことが出来ました。

その時の写真がこれ↓

いいでしょ〜💕

ご本人に診察と手術の時にBGMでCDを流しても良いか尋ねたところ喜んでOKして下さったんです。

患者さんの声もお伝えしてきました♪

今度ファンクラブ会員ライブに行くときは、この患者さんの感想を持っていこうと思っていたのですが、なかなか抽選で当たらず、未だ渡せていません。

次に行く時は絶対に渡そうと思っています。

きっと喜んで下さると思います♡

次の入院手術日は9月22日(金)です!

今までは毎月入院手術日を1日設けていたのですが、今年に入ってからは手術のほとんどを日帰りで行っているため、なかなか入院の機会がありません。

希望されている患者さんには本当に申し訳ないのですが、近隣のホテルに宿泊してもらって、そこから毎日通ってもらっています。

入院を引き受けると、24時間スタッフをおかなければならないですし、清掃・賄い業務も業者さんに依頼しないといけまんし、食事の手配も必要です。

数名の入院がなければ入院にまつわるコストを賄えないため、ある程度、患者さんの希望が集中する日を選んで行うことにしました。

今回は希望者が数名おられるので入院手術を行うことになりました。

この機会を逃すと今度いつになるか分かりませんので、入院希望で手術を検討されている方は、どうぞ予定を確認して下さい。

1日に出来る手術件数には限りがありますので、お申し込みも早めにお願いしますm(_ _)m

そして!

次の入院期間こそ、完全グルテンフリー・カゼインフリーを実現したいと目論んでいます。

朝食のパンだけがネックなんです。。。

これを米粉パンにするか、和食にするか・・・

無理なら従来通りになるかもしれませんが、今、お店と交渉中です。

せっかく5泊6日もできるのであれば、「食べる治療」を提供したい。

そしてエクササイズもしてもらいますよ〜。

久々のTRE教室!

9月26日(火)午後1時からです。

そしてそのあと午後3時からは麻由美先生のマイルドサージ®です♪

便通に特化した内容になっていますので便秘に悩む方も是非どうぞ♪

すぐに定員いっぱいになるため、お早めにお申し込み下さいね♪

お申し込みは

06−6941−0919

まで。

尚、TRE教室もマイルドサージ®も診療所の患者さんと患者さんのご家族・ご友人、診療所関係者のみのご参加となっております。

一般の方は参加出来ませんのでご了承下さい。


診療所のセラピードッグ「ラブ」🐾
クイズ「ラブはど〜れだ?」🐶

1 いいね 6 件のいいね
Loading...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加