短期入院の患者さま

「裂肛・肛門狭窄症」短期入院手術の感想(60代女性)

「裂肛・肛門狭窄症」短期入院手術の感想(60代女性)

アクセス お問い合せ 診療時間
みのり先生の診療室 佐々木いわお院長ブログ「過ぎたるは及ばざるにしかずだよ、佐々木君」

患者さんの声

「裂肛・肛門狭窄症」短期入院手術の感想(60代女性)

2月の入院手術が終わった後に、初診で寄せていただきました。

何度となく襲ってくる痛みに耐えて耐えて、やっと覚悟を決めて診察を受けました。結果はやはり手術とのこと。しかし、手術日程は1ヶ月以上先です。もっと早くくればと悔やんだものです。

再診3度目の日、院長先生に診ていただきました。そして、私のあまりに痛がる様子を見て、院長先生の決断。

「もう、今日手術やっちゃおう! これからすぐ!!」

──思わぬ展開です。

前夜に痛みが薬でも治まらないので電話で連絡し、みのり先生のご配慮で院長先生に診ていただき、主人も一緒に来てくれたので話はすぐに決まり、即手術を受けることが出来ました。

手術自体は、麻酔が効いているので痛くありません。

麻酔は、場所により大変痛い部分もありましたけど、それまでの痛みに比べれば、ほんの瞬間なので耐えられます。

受けて良かった! 心底そう思います。

あの激痛から解放され気持ちが晴れ晴れしました。一泊入院させていただき、あと2日間通院、次は1週間後と大変順調に経過しています。

誠実で明るくやさしい院長先生とみのり先生、そして親身になってお世話・対応して下さった看護師さん、スタッフの方、本当に感謝しています。

いろんな便宜を図っていただいてありがとうございました。

心より御礼申し上げます。

今後は便秘にならないよう充分気をつけたいと思います。

※クリックすると拡大画像をご覧いただけます
ページの先頭へ戻る